<< 清涼飲料水とベンゼン | main | 風邪薬なんか捨ててしまえ! >>

スポンサーサイト

  • 2013.04.20 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


貧血の治し方

一口に貧血といっても色々な種類がありますが、
一般的にいう貧血とは「鉄欠乏性貧血」です。

鉄欠乏性貧血とは単純にいうと
「血液の中の鉄分が少ないから酸素の運搬量が少ない」
という状態です。


この病気の症状は鉄分の減少とともに
・なんかだるい
・疲れやすい
・息切れしやすい
・眩暈、立ち眩みがする
という感じで進行します。

朝礼で倒れるような人は結構重症です。
ただ進行がゆっくりなので自覚症状があまりない場合が多いです。


うさ太夫の場合は、
ボクシングをやっているせいで体調が悪いと思っていたのですが、
重度の貧血だったから体力がなかったのです。
その間は毎日息切れがして、だるくてしょうがありませんでした。



さて治療方法ですが、

「鉄分の補給!」

これしかありません。
本当は鉄分の静脈への注射が一番確実なのですが、医療行為なので病院に行かねばなりません。
また皮膚に沈着する可能性もあるといいます。
でもこれが一番確実です。

注射が嫌な場合は鉄の錠剤を処方してもらいます。
医薬品の鉄剤はドラッグストアのサプリの鉄とはまったく含有量が異なります。
だいたい10倍以上でしょうか?
日本製のサプリの鉄が効かない人でもほぼ確実に効果があると思います。


「医者は嫌だ!」となると食事での摂取になります。
しかし、鉄分を含む食事を多く取ればいいかというと、そう単純ではないのです。
鉄は失いやすい割に、非常に吸収率の低いミネラルなのです。

鉄はアミノ酸と結合した状態でないと体に吸収されないのですが、
アミノ酸(たんぱく質の元)と結合する前に他の物質と結合してしまうのです。
隙あらば誰とでもくっつく浮気ものなのです。
だから普通に食べてもほとんど吸収されません。


<ヘム鉄と非ヘム鉄>
まず鉄にはヘム鉄と非ヘム鉄があります。
肉のレバーや魚はヘム鉄。
ほうれん草などの野菜は非ヘム鉄。
と考えてまあ間違いないです。

吸収率がヘムは15〜25%、非ヘムは2〜5%と大きく違います。
だから食べるなら断然肉なのですが、レバーはそんなに大量に食べれませんよね…



<吸収量は体内の量に反比例>
鉄は欠乏していると吸収率が高まり、足りているとあまり吸収しません。
貧血の人は鉄の吸収力が高まっているということです。
だからあまり過剰摂取になることはありません。


<鉄分は体に蓄積ができない>
鉄は流血や汗ですぐに失われるのに、吸収が悪くまた蓄積ができません。
脂肪なんかは何百kgでも蓄積できるのですが、鉄は違います。
肝臓にわずかに蓄積できますが、過剰にあるとそれはそれで悪影響が出るのです。


<銅とビタミンC>
銅は鉄の吸収をすすめます。
銅は比較的吸収しやすいので大量に摂取する必要はありませんが、
一緒に取ると効果が高いかもしれません。

またビタミンCは鉄分の吸収率をアップさせると言われています。
しかし、その効果は数%程度なのであまり気にすることはないかもしれません。


<キーレイト加工>
ミネラルのサプリメントを選ぶ際に大事なのは
キーレイト加工されているかです。
キーレイトとはアミノ酸で加工した状態です。
この加工をすることで、吸収率が2倍から10倍ほど上がると言われています。

ちなみに日本のサプリメントは食品衛生法の関係で
ほとんどキーレイトされていないそうです。
そのためサプリメントは海外の輸入品がおすすめです。




国産品と海外サプリの一番の違いはその含有量です。
例えばネイチャーメイドの場合2錠で6mgですが、
上記の海外製は1錠で25mgです。
圧倒的に量が違います。
しかも加工されているので吸収が全く違います。



<お茶の飲みすぎは禁物>
茶に含まれるタンニンはミネラル分と結合しやすく、
吸収の妨げになります。
鉄などのサプリメントを飲むのは必ず水で!
また、摂取するタイミングも就寝前など胃腸にものが少ない時が望ましいです。


毎日20mgぐらいの鉄分を摂取していれば、大体1ヶ月ぐらいで回復します。
うさ太夫の場合はそんなものでした。

ただし、過剰に取りすぎてもよくないので長期に摂取しているひとは
医者に行き定期的に血液検査をすることをお勧めします。


回復の経過はこちらの日記でどうぞ!

スポンサーサイト

  • 2013.04.20 Saturday
  • -
  • 13:22
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
情報が豊富なブログですね。鉄分が補えるサプリメントにとっても興味があっていろいろ調べています。お気に入りに登録させてもらいました。
この詳細については、約ありません....ブログニース...理解するために貧血を(例えば:ええと、旧姓-ヌードルはええと)は、呼吸について少し知っておくと役に立ちます。あなたは今まで息を保持するために試したことがありますか?最初に、あなたはスッキリ。短い時間の後、しかし、あなたは息をする必要があります。空気中から:([OK]を- SIHの- jenは言う)私たちが呼吸するときに、私たちの肺は、酸素を取り込むため、それがあります。我々は生きて酸素が必要です。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
ホームページ
うさ太夫の部屋
 mixiの解説とか
 Windows用ソフトを作ったりしてます。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM