<< アレルギーは自分で治せ!!(第一回) | main | アレルギーと食べ物(アレルギー第3回) >>

スポンサーサイト

  • 2013.04.20 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


アレルギーの原因(アレルギー第2回)

JUGEMテーマ:健康

なぜ近年アレルギーが増加しているのか?なぜ先進国にアレルギー患者が多いのか?
多くの学者が研究していますが、はっきりとした原因は解明されていません。

今のところ、一番有力とされているのが衛生仮説です。


衛生仮説をわかりやすく説明すると
・アレルギーと深い関連がある体内の抗体はIgE抗体である
・IgE抗体は寄生虫に対する役割が大きいらしい
・IgEはヒト免疫グロブリンの0.001%以下でしかない

近年、抗菌など衛生面が良くなりすぎて子供の頃に細菌や寄生虫に感染しなくなった。
寄生虫がいなくなり、することがなくなったIgE抗体が関係ない物質(ダニの死骸や花粉など)を攻撃するようになった。
という説です。


<疫学的に言われていること>
・子供が多い家の方がアレルギー発生が少ない
・ペットや動物の居る家の方が発生が少ない

しかし、牧場や農家の人でも重度のアレルギーは発生するし
これだけでは説明がつかないのも事実。

またアレルギーが発症した後に、寄生虫を飼えば治るのかというとそういうわけでもないようです。


でも衛生仮説関連で面白い記事を見つけました。
BCGの予防接種を受けるとアレルギーの発症率が下がるという話です。

BCGは結核菌の予防接種ですが、これは無毒化した結核菌を注射するということです。
ですから体内の抗体はこの結核菌退治をがんばります。その結果IgE抗体が減りアレルギーの発症が抑えられるようです。(たぶん…)
あと個体によっては注射をしてもIgEが減らない場合があるそうです。

<判明したこと>
・IgE抗体が減少し、アレルギーが緩和される
・効き目には個体差がある

<不明な点>
・結核菌以外でも効果があるのか
・細菌ではなく、ウィルスでも効果があるのか
・大人が予防接種しても効果あるのか
・効果のある期間はどれぐらいなのか


うさ太夫に医学的なことはわからないので、詳しいことは続報を待ちましょう。
まあ幼児期の衛生環境(細菌)とアレルギーは関連があるってことです。



とりあえず、
「XXX水で必ず治る!」
「1ヶ月で効果が!XXXキノコで奇跡の回復!」
「アゴの治療でアレルギー完治!」
「アレルギーの原因は体の歪み!整体でアトピーが治った!」
みたいな広告はまずウソです。

アレルギーは原因がわからないから、アレルギーというのであって
原因が1つだけでこれさえとり除けば治る
というのはまずありえません。

原因が100個あってそのうち10個改善してやっと数%回復する
とかそういう感じです。


次回はアレルギーの原因2(食事編)です。


アレルギーは自分で治せ!!(アレルギー第一回)
アレルギーの原因(アレルギー第2回)
アレルギーと食べ物(アレルギー第3回)

スポンサーサイト

  • 2013.04.20 Saturday
  • -
  • 01:38
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
sponsored links
ホームページ
うさ太夫の部屋
 mixiの解説とか
 Windows用ソフトを作ったりしてます。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM