<< VS ピロリ菌 第2戦 | main | 睡眠のコツ2 >>

スポンサーサイト

  • 2013.04.20 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


睡眠のコツ1

JUGEMテーマ:健康
 
今晩からは秋の夜長にふさわしく睡眠についてです。
睡眠障害にはいくつか種類があるそうですが、


・入眠困難
 (なかなか寝付けない)

・中途覚醒
 (夜中に目が覚めてしまう)

・早朝覚醒
 (朝早く目が覚めてしまう)

・ナルコレプシー
 (日中強い眠気に襲われる)


本日は「入眠困難」についてです。
「明日は早いから早く寝ないと!」と焦るとますます眠れなくなることありませんか?
しかし、不安・興奮を感じると交感神経を刺激する脳内物質が分泌されるのでますます眠れなくなります。


脳内で働く睡眠に関係ある物質は50以上あるそうですが、
その中の一つがメラトニンです。
日焼けに関係するメラニンとは違いますよ。
 
 


メラトニンは日に当たると分泌され、夜眠気を誘う物質です。
睡眠の質を高める効能はなく眠気を誘うだけなので、中途覚醒や早朝覚醒の人には効果がありません。逆に入眠困難な人にはもってこいです。
また、睡眠薬と違い脳内で自然に分泌されるものなので、依存症や副作用の心配がないようです。

このサプリを使用すると更に利点があります。
眠れないことが不安の原因で不眠になっている場合
「寝付けないようならメラトニンがあるから飲めばいいや」
とリラックスして布団に入れ、結局飲まずに済むことが多いのです。


あとは、体温が下がると眠くなるという性質を利用すると眠りやすいそうです。
具体的にいうと

・3時間前に食事をする
・2時間前に運動をする
・1時間前に風呂に入る

いずれも終えると体温が下がるので眠気を誘うようです。
また特に手足を冷やすと脳が体温が下がったと認識するそうなので、
睡眠前だけ、ズボンとシャツの裾をまくっておくのも良いでしょう。



 
「4時間半熟睡法」遠藤拓郎著 より



スポンサーサイト

  • 2013.04.20 Saturday
  • -
  • 00:25
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
ホームページ
うさ太夫の部屋
 mixiの解説とか
 Windows用ソフトを作ったりしてます。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM