<< 青春小説を読もう♪ | main | キノコでフィーバー >>

スポンサーサイト

  • 2013.04.20 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


鼻の粘膜をレーザーで焼く!

体験レポート第2弾!

うさ太夫はなんちゃってボクサーなんですが、よく鼻血を出します。
パンチをもらいすぎというのもあるけど、出やすいんです。
ここ1年ぐらいは鼻血がくせになっていて、朝起きて鼻血、鼻をかんで鼻血、スパーリングで鼻血という感じです。

トレーナーの話では
「レーザーで鼻の粘膜を焼くと、1〜2年は出にくくなるらしい」
ということなので、さっそくレーザーのある耳鼻科を探して行ってみる事に。


1件目の耳鼻科では

「毛細血管が表面に出てないからやっても無駄」

と断られました。
毛細血管が鼻のキーゼルバッハ部位というところにはっきり出ている場合は
それが原因だからすぐに治せるけど、うさ太夫の場合は違うらしい…


2件目の耳鼻科では

「うわーすごい炎症おこしてるねぇ。
アレルギーで皮膚が薄くなっているよ。
確かにレーザーで焼くと皮膚が堅く厚くなるから出にくくなるよ。
要はわざとヤケドさせるってことだよ。
ただしヤケドだから1週間は血が余計にでるけどいい?」


とのこと。

お相撲さんの足の裏は厚過ぎて画鋲踏んでも痛くないという。
ま、それを鼻で人工的にやるわけですな…


自覚はないけどカビとダニのアレルギーがあるから
鼻は炎症起こしまくりだったようです。
今までよく寝起きに鼻が詰まっていたのはアレルギー性鼻炎だったのか…


なんか趣旨が変わってきてしまいました(笑)
しかし無論ここまで来て引き下がるわけもなく、申し込みましたよ。
手術は痛くなく、すぐに済むというのですが一応麻酔をするとのこと。
鼻に液体の麻酔を浸したガーゼを突っ込まれ20分放置。
口の中がなんか臭い…(´Д`)
手術の同意書にサインしてしばし待ちます。

20分後診察室のイスに座りレーザー手術開始。
お箸ぐらいの太さのレーザーを鼻に入れて、焼いていきます。
チッチッという照射音が1秒間隔で聞こえてきてその都度鼻から小さい薄い煙が立ち上ります。
あぁ、皮膚焼かれているんだなあと妙に実感。
その後3分程度で手術は完了。
痛みは全くありませんでした。

「1回ではたぶん止まらないから、1週間後にまた来て」

という話でした。
また来るのかorz

料金は3770円でした、保険は適用されません。



さて途中経過。
1日目、常に鼻血だらだらむしろ酷くなっている。
3日目、練習中にサンドバッグ叩いてたら出血。(血圧が上がってもでるのか…)
5日目、いつも詰まっている感じがするのに左だけ妙にすっきり!
7日目、前と同じぐらいの出血量に戻る


そして8日目に2回目の診察。

「うん、少し皮膚が厚くなっているから2回焼かなくても平気でしょ。
あんまりやると鼻の軟骨に穴空いて左右繋がっちゃうし。
ハハハっ」


とのこと。

ハハハじゃねえよっ!(`Д´)
と心の中でツッコミつつ
「じゃあ、2回目はいいです。」
ということになりました。


鼻血の出血率は今のところ変わらないけど、
自分がアレルギー性鼻炎だったことを知り
その鼻炎がすっきりと止まったのは素直に嬉しい。
左鼻だけだけどねw


どんぐらいもつのか分からないけど、
鼻炎、鼻血に悩んでいる方は一度診察してみてはいかが?

スポンサーサイト

  • 2013.04.20 Saturday
  • -
  • 18:02
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
ホームページ
うさ太夫の部屋
 mixiの解説とか
 Windows用ソフトを作ったりしてます。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM