スポンサーサイト

  • 2013.04.20 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


レーシックを受けたよ3(最終話)

さて、レーシック手術から何日が経ち、視力も安定してきました。


結局視力は0.15⇒1.2まで回復。
遠近ともによく見えます。
見えているのについ眼鏡を探したり目を細めたりしてしまい、よく苦笑いしています。

ただしばらくはドライアイが続くようで、目薬が手放せません。
また目の充血もしばらく取れないようです・・・
あと、蛍光灯が眩しく感じるのも慣れるのに少し時間がかかります。



手術とその後の痛みはもう味わいたくないですが、
メガネ無しの視界は本当にすばらしいものです。

やるやらないは個人の自由ですが、
お金と時間に余裕があるのなら一度検討してみるのも有りかと。




いい忘れていましたが、一部生命保険では給付金の対象になります。
うさ太夫は結構もどってきました。
(医師の証明書発行に5千円かかりましたが・・・)


レーシックを受けたよ2(手術当日)

当日までの用意は特にありません。
3日前から感染予防の目薬を点すだけです。


さて、いよいよ手術ですが当日再度視力を測り、目の状態を医師が確認。
GOサインが出たところで、手術着を着て手術室前へ。


麻酔効果のある目薬をさされて待つこと10分。
目がぼんやりした状態で手術室へ。


手術は
ステップ1:レーザーで角膜を丸くめくれるようにする。
ステップ2:めっくた角膜をレーザーで削る
ステップ3:消毒して角膜を閉じる
になります。



まずレーザーで穴を開けるのですが、
まぶたをテープで固定され、その後目薬をドボドボ入れられます。
目が見えなくなったところに、眼球が動かないように筒のようなもので押さえつけられます。
(見えていないから想像)

そして「視線をうごかさないで!」とどやされながらレーザーを浴びます。
痛くはないですが、少し目が熱くなります。
(20秒くらいで終了)


目を閉じたまま、手を引かれ隣の手術室へ。
ここからが本番、まくった角膜の厚みを整えるレーザーです。


再度目薬と筒を食らうのですが、すごく痛いです。
麻酔は目薬なので眼球自体は痛みがあります。
痛みと暗さでパニックになっているところに、

「緑の点を見続けて、決して視線を動かさないで!」
「動かすと大変なことになりますよ!」

びびりながら必死に視線を固定するが、
レーザーが点滅すると本能的に視線が泳ぐ。
その度に
「動かさないで!」
と怒鳴られます。
が、本能なのでどうしようもない。
そんなことを20秒×2回繰り返す。
ちなみに結構痛い(ノД`;)



その間思っていたのは、
「視線が動いたせいで失敗したかも!?」(=ω=。)
の一心。



手術が終わり、手を引かれ休憩室へ。
恐る恐る目を開けるとぼんやりと見える。
どうやら失明はしていないらしい。




「1時間おきに目薬を挿すように」と大量の薬を受け取り、タクシーで家へ帰る。
(なんとか目は見えるけど、眩しいし痛くて長いこと開けていられない)



ここからが修羅場。
30分ほどで、麻酔がきれじょじょに鈍い痛みが発生。
目がシバシバして開けられない、そして涙が止まらない。
目に違和感があり「失敗!?」という恐怖感が再燃。

しかし、再度病院に行くにも電話確認しようにも目が痛くて2秒と開けられないので何もできない。
何とかもらった鎮痛剤を探し出し、飲むがちっとも効かない!
この後、痛みと戦い6時間ほど文字通り泣き続ける。
。・゚・(ノε`)・゚・。




泣き疲れて日が暮れた頃に目を開けると、なんとか物が見えた・・・
ぼんやりとしてはいるものの目は見える!!

ちなみに白目部分は真っ赤に腫れていた。
LASIK2


最終話に続く。


レーシックを受けたよ1(手術前)

 こんにちは。

1年ぶりのうさ太夫です。
仕事で視力が低下する一方なので、レーシック(LASIK)を受けることにしました。



周りの経験者の話を聞くと今は簡単に受けられて
・手術は10分ぐらい
・当日から普通に生活可能
・両目で20万円ぐらい

ということらしい。


アンチの意見は
・数十年後に失明しない保障がない(前例が無い)
・怖い
という感じ。




ネットで調べてみると
大手3病院があるが方式や料金は大差が無い模様。
紹介システムで患者を増やそうとしてるが、最早医療というよりは・・・
術後の診察に便利な会社のとなりのビルで受けることに決定。


とりあえず、2社に事前の検査予約をした。
一部の病院で不衛生からくる感染症などが報じられているが、
専門病院は大繁盛である。


番号で検査待ちの行列がさばかれ、銀行の受付を思い出す。
検査は視力、眼圧、角膜の厚みなど多岐に渡り3時間ほどかかった。
非常に疲れたので2社めの予約はキャンセルして1社目に決めてしまった。


料金は平日が安く、週末は高い。
ネット割引や紹介者割引、遠距離割引など様々な割引で約15万になった。
クレジットも可能らしい。
金土の予約は2週間後までいっぱいなので、一ヶ月ごを手術日に選択。



検査結果。
90数パーセントの確率で1.0以上に戻るらしい。
LASIC1


さて、手術の模様と術後は・・・
レーシックを受けたよ2(手術編)

貧血が治ったよ!

JUGEMテーマ:健康


こんにちは、以前貧血の治し方を書きましたがその結果です。
やはり、実際の数値を見せないと説得力がないですよね。



<経過>

2003年1月
ボクシングを始めた頃、体力はばっちりです。




2004年8月
まだ数値は基準値内、毎日筋肉痛でつらかったですが体力は問題なし。




2006年4月
練習量の増加とともに数値が激減。
基準値を割ってしまっています、しかし自覚症状はありません。




2007年2月
ついに1桁まで下降。
自覚症状があり、息切れ、倦怠感で練習もままなりません。
でもこれが貧血のせいだとは気づかないのですよ。
健康診断の結果を見て愕然(´д`




2007年12月
輸入鉄剤を定期的に飲むことで劇的に回復!
ペースは最初の一ヶ月だけ毎日20mg。あとは週に1回20mgぐらいです。
一月経過した時点で体力の回復を自覚できました。


ちなみにうさ太夫は↓のサプリを愛用してました。



ということで、貧血は治ります!!
サプリメントの摂取については過去の日記貧血の治し方を参照下さい。

三十路なのに背が伸びたよ

JUGEMテーマ:健康


先月会社で受けた健康診断の結果を見て、ウケました。
背が伸びてます。
三十路なのに…

健康診断


高校生ぐらいで180cmになってそれから10年ぐらい止まっていたのに、
なぜかここ3年で1cm伸びてます。
なぜか(o・ω・o)?


というわけで、今日は身長について!


<間違いじゃない?>
いえ、医療機関で同じ機械で測っていますから正確です。
人間の身長は朝晩で1cmぐらいは違うといいますから誤差の範囲とも考えられますが
全部朝起きた時点の身長なのでほとんど時刻による誤差はないはずです。

余談ですが、宇宙に行くと身長が5cm近く伸びるという話があります。
重力がないと、背骨が伸びるんですねえ。



<体の歪みは?>
うさ太夫は格闘技をやっているせいで、体の左右差がひどいです。
歪みまくっています。
この歪みをまっすぐひっぱれば2cmぐらいは伸びそうなものです。

ここ2年はカイロプラクティックに通っていますが、
ずっと現状維持で歪みは直っていませんのでこれも除外。
ヽ(~〜~ )ノ



<遺伝>
結論からいうと、身長は9割方遺伝です。
うさ太夫は家系的にでかいです。
ただ20代を過ぎても伸びるというのは家系にもいないです。


<睡眠時間>
睡眠時間が成長ホルモンの分泌に重要だといいますが、あまり関係ないようです。
うさ太夫はあまり眠れません、とくにここ数年は。


<牛乳>
牛乳も関係ありません。
成人になってからは牛乳は飲んでません、乳製品もほとんど食べません。


<成長ホルモン>これです。今回伸びた原因です。
うさ太夫はボクシングのトレーニングの一環でアホほどサプリメントを摂取しています。
その中のアルギニングルタミンに成長ホルモンの分泌促進作用があるようです。
アルギニンもグルタミンもアミノ酸の一種で、トレーニングをする上で重要です。






これらのサプリをとり始めたのがちょうど3年ぐらい前なので、
まず身長の増加の原因と思って間違いなさそうです。
成長ホルモンは加齢とともに分泌量が減りますが、
食事によっては20代以降でも分泌され成長する可能性はあるということですね。
(個人差はあるでしょうけど)

チェ・ホンマンのように脳に腫瘍があって異常に成長ホルモンが出続ける人は
巨人症といって一生背が伸びるようです。

身長がほしい人はトレーニングついでに飲んでみてはどうでしょうか?
うさ太夫は↓のNOW Food社のサプリメントを愛用しています。



乾燥肌との闘い 第2回

JUGEMテーマ:健康


こんにちは、今日は乾燥肌対策の第2回です。

人間の体はよくできたもので、皮膚に住む常在菌と共生することでお肌が健康に保たれています。
どんなによく洗っても絶対に人間の皮膚には必ず菌が住んでいます。
いえむしろ菌がいないといけないのです。


この本は薄くて読みやすいので菌と皮膚の関係を学ぶにはお勧めです。



表皮常在菌には主に表皮ブドウ球菌やアクネ菌などがいますが、基本的に人間と仲良くやっており味方です。
以下常在菌の働きを簡単にまとめます。

1.余分な皮脂を食べ、皮脂膜のバリアを作る
 この皮脂膜が我々を乾燥から守ってくれます。

2.皮膚を弱酸性に保つ
 善玉菌は酸性で活動できますが、アルカリを好む黄色ブドウ球菌やカビなどの悪玉菌の繁殖を防ぐことになります。

3.他の細菌から守る
 菌には先住民族の法則というのがあり、先に住み着いている菌があると他の悪玉菌が住めないのです。
 人間はブドウ球菌には強い耐性があり、よほど弱っていない限り悪影響はないそうです。


ということで、表皮常在菌の大切さわかってくれたでしょうか?
もし完全に皮膚を除菌したらあなたの皮膚はガサガサになります!



<常在菌とのうまい付き合い方>
・洗い過ぎ、擦り過ぎはNG!!
 皮膚と一緒に菌も根こそぎとれちゃいます。
 せっけんも低刺激のものや弱酸性、弱アルカリ性のものがおすすめです。

・化粧は最低限に!
 化粧をべったり塗られると菌も活動できません。
 なるべく低刺激、低添加物の化粧品のものを少量にとどめておきましょう。
 メイク落としも強力なものは菌にもよくありません。
 

この辺の話がとっつきやすく書かれているマンガがあります。
「もやしもん」という菌と農大のお話ですが、登場する女性キャラが可愛く非常にお勧めです。
話も地味ですが面白いです♪




乾燥肌に過度の除菌は禁物ですヨ!ヽ(>ω<)ノ

乾燥肌との闘い 栄養編(第1回)
乾燥肌との闘い 皮膚常在菌編(第2回)

乾燥肌との闘い 第一回

JUGEMテーマ:健康


寒くなってきましたね。((´д`))
寒さとともに進むのが肌の乾燥です。
今回からは数回に分けて乾燥肌対策をやります!


まずは食べ物です。

お肌のプルプル感といえばコラーゲンですが、
うさ太夫は愚かにもTVに踊らされてコラーゲンを買ったことがあります。
しかもKg単位でね!



コラーゲンはたんぱく質の塊で、肌や軟骨や腱などコリコリする部分の材料になっているそうです。
あと、ゼリーの原料はコラーゲンです。
「肌が荒れているのはコラーゲンが足りないから?」という短絡思考で食べるコラーゲンを食べようと大量に購入したものの、まったく使い道がありません。
粉なんですよ、コレ。
水に溶かすと粘着性を出し固まってしまい、そのままではパサパサして食べられない。
結局ゼリーにするしかありません。


というか毎日ゼリーを作っててやっと気付きましたが、
肌荒れ→肌の材料(コラーゲン)を食べる
という考えはもうどうしようもなく間違いです(>ω<

コラーゲンを食べても胃でたんぱく質はアミノ酸に分解され体中で利用されます。
その中の一部がたまたま肌で再度コラーゲンとして合成して利用されるかもしれませんが、それは豆腐を食べた場合でも肉を食べた場合でも同じです。
たんぱく質を含んでいれば結局肌の材料にはなるのです。
それなら食べにくくて、しかも高価で消化しにくいコラーゲンでたんぱく質を摂取する意味はまったくありません。はい。

同じ理屈で肌の潤いの元となるセラミドを多く含むコンニャクを食べても肌はしっとりしません。
セラミドは脂質の一種であり、結局胃で分解されるので肌に利用されるとは限らないからです。


<まずは体を健康に>
じゃ、どうしたらいいの?(・ω・
体内での栄養の仕様優先順位は予め決まっており、脳を筆頭に内臓で優先されて使われます。
それで余ったら皮膚を作るのに使われるという感じだと思います。
疲労がたまっていて内臓にダメージを負っている場合はいくら肌によいものを食べたってそちらの修復に大量にアミノ酸を使われて皮膚には回ってきません。
疲れていると肌がボロボロになるのはそういうことです。
まずはたっぷり栄養と睡眠をとり体を回復しましょう。
というかこの二つは健康の基本です。


<不足すると肌に良くないもの>
じゃあ何を食べればいいのでしょうか?

・亜鉛
 肌の生成に必要なミネラルです。
 非常にとりにくい物質なのでサプリメントをお勧めします。
 (海外産のキーレート加工したものは吸収率が非常に高いです)

 
・ビタミン
 ビタミンAB2B6B12等は皮膚の生成に関連があります。
 ですが、野菜を赤と緑色バランスよく取っていればまず不足しません。

・アミノ酸(たんぱく質)
 グリシン、リジン、プロリン、シスチンなどは不足すると肌があれるという報告があります。
 これもたんぱく質を普通に摂取していれば肉などからで十分まかなえます。


ここまで皮膚に必要なものを書きましたがどれも普通に食生活を送っていれば不足しないものばかりです。
当たり前ですが、大事なのはバランスの取れた食事ということですね。(^ω^


次回は肌の常在菌と保湿についてです。

乾燥肌との闘い 栄養編(第1回)
乾燥肌との闘い 皮膚常在菌編(第2回)

ニンニク注射って効果あるの?

最近体を張ったレポートをしていないなあ…
ということで、今回はビタミン注射のレポートをします!


芸能人やらスポーツ選手が愛用しているとかいうアレです。
最近ではJリーグ川崎の我那覇選手がビタミン注射をドーピングと見なされて問題になったりしました(ビタミン自体はドーピングの対象外なのでセーフなようですが)
実際にニンニクを注射するのではなく、アリシンというニンニクに含まれる成分やビタミンを注射するというものです。

疲労回復や肌トラブルの解消などに効果があるとされています。


現在の相場は1回で2千円〜5千円くらいでしょうか。
美容外科での扱いが多いみたいです。


うさ太夫が行ったのは、都内の整形外科。
スポーツ障害なんかを得意としているところです。
ここではマクドナルドのようにセットで料金が変わります(笑)

ビタミン注射1アンプルは千円ですが
アリナミンと総合ビタミンのオプションを付けると2100円になります。
一回に3アンプルまでうってもらえます。
無論保険適用外です(-_-;


早速腕に注射してもらうことにしました。
25mlの注射を打たれて10秒くらいで、鼻にニンニクの匂いがしてきます!
w(゚ロ゚;w
匂いは血管から来たものなので、実際体からニンニクの香りを放っている訳ではないですし、すぐ消えました。
ちなみに静脈注射なのでそんなに痛くはないです。



で合計3回注射したのですが体調には全く変化なかったです。
疲れも取れてないし…

結論としては栄養をしっかり取っている人には全く必要なし!!



ビタミンは比較的摂取しやすい栄養なので、不摂生をしない限りそんなに不足しないものです。
もともと吸収しやすいものなので胃腸が弱っている人以外は、血管から注入する必要もないです。
サプリメントの錠剤で十分間に合いますし、ビタミンも足りているのに過剰に摂取すれば副作用が出ることがあります。
つまり栄養不足で倒れそうになっている人にだけ劇的に効くけどその他の人には必要ないのです

お金と時間のある人だけどうぞ♪

ペットボトルのお茶にご注意

週末同僚達と飲んでいたのですが、
その席で体重百キロを超える巨漢の同僚が
「油分食べ過ぎた、お茶飲まなきゃ!」って食後のウーロン茶を頼んでました。


「えぇっ!!!(゚ロ゚!
お茶で脂肪が減ると本気で思ってんの!?」


と、うさ太夫はかなりビックリさせられました。


「烏龍茶は脂肪を吸着し、脂肪の吸収を妨害する」
という迷信に躍らせられて人々は色々なお茶を飲みます。

高濃度茶カテキン、ヘルシア、プーアル、黒烏龍、と様々なお茶が
ダイエットブームの度に脚光を浴びていますが、
その効果「ない事もないけどあるというほどではない」程度です。
あったとしてもせいぜい数十グラムでしょう。
今のところ「お茶で痩せた!」という人にはお目にかかったことがありません。



お茶は適量飲むには確かに健康に良いものです。
うさ太夫も和菓子には絶対お茶です!
しかしお茶はペットボトルで大量に飲むべきものではないのです。

皆さん、いくらおいしいからって
「飲む気ざましの栄養剤」や「胃腸薬」をリットル単位で飲みますか?

お茶には様々な科学物質が入っています。
 ・カフェイン
 ・タンニン(カテキン)
などがあります。
それぞれ少量であれば人体に好影響を与えもしますが、
過剰に摂取すれば有害です。
(何にでも当てはまりますけど…)


<カフィイン>
コーヒーばかりが非難されますが、茶にもカフェインは含まれています。
闘牛に茶葉を食わせると、興奮してよく戦うという話を聞いたことがあります。
当然何百ccも飲めば血圧は上がるし、胃腸も荒れます。


<タンニン>
タンニンはお茶の渋みの成分です。
これはミネラル分と結合しやすく、鉄やカルシウムの吸収を妨げます。
貧血や骨粗しょう症の人は気をつけるべきです。


<カテキン>
肝臓に障害を与える危険があるようです。
欧州では死亡の報告もあるようです。

あとカフェイン、カテキンともに発ガン性の可能性があるといわれています。


<ペットボトルの中身>
京都〜園のお茶、とかCMで見ますが、中身は中国産だったりします。
中国で生産した茶葉を日本で加工すれば日本産と表示できるとか裏道があるようです。
そして中国産茶葉の現状はこんな感じです。
7割しか検査をクリアできてません。

そもそも工場産のお茶は茶の成分を余す所なく使用するため、
化学薬品で無理に抽出したりしています。
急須で飲むお茶とは別物と考えた方が良いです。


もちろんお茶はおいしいし、食中毒や虫歯の予防にもなります。
ただ飲みすぎは危険だってことです。
お茶は食後に急須で入れたのをほんの一杯がいいんです♪

風邪を予防する!

こんにちは。
さて今日は風邪の予防方法についてです。


<うがい>
まずはうがいですよね。
ちなみに日本以外の国では浸透していないようですが、
日本では室町時代から既に行われていたようです。

うがいの方法ですが、うがい薬ではなく水がいいようです。
水うがいで風邪の発症率が4割低下するそうです。
逆にイソジン等のうがい薬では水より効果が落ちるようです。
お茶のうがいも同様のように思います。

うがいの目的は殺菌ではなくて「口の中、特に喉をゆすぎ一度洗い流すこと」
これだけで効果があるようです。



<マスク>
次はマスクです。
学校や職場でゴホゴホ咳をする人が多いですね(≧д≦)
しかし他人のマスクはあまり当てになりません。

ウィルスはナノメートルのサイズ(1ナノメートル = 0.000 000 001メートル )なので
普通のマスクは余裕で通り過ぎます。
ウィルスをサッカーボールとするとマスクの網目はサッカー場
ぐらい小さいのだそうです。



ウィルスを防ぎたいなら写真のようなN95規格のマスクがお勧めです。
要は外科手術の際につけるようなマスクをしないと駄目ってことです。
ちゃんとウィルス用って書いてあるのを買いましょうね。


ただ安物のマスクにも利点があります。
ウィルスは乾燥している方が繁殖しやすいらしいので、
口の乾燥を防ぐことにより、喉から来る風邪を防ぎやすくなります。
(もうひいている場合は無駄だけど…)

さらに加湿器をつけて湿度が低くなり過ぎないように注意すれば、環境はバッチリでしょう。



あと十分な睡眠とバランスの良い食事はもちろんかかせません。
一番大事なのはウィルスに負けない免疫力をつけることですが
今回は書ききれませんのでここまで♪

皆さん風邪にはお気をつけて!

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
ホームページ
うさ太夫の部屋
 mixiの解説とか
 Windows用ソフトを作ったりしてます。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM